(※この記事には星唄ミッションエンディングのネタバレが含まれます!)

Lif030725193406a



天晶歴1301年。
天晶歴922年、タルタル族の冒険者・Lifieがヴァナディールに降り立ったあの日から、ヴァナディールでは379年の年月が経過したことになる。
あれ、じゃあLifieって今いくつなのかな?


そう、17歳である。










ついにエンディングか、なかなか感慨深いな、とは思ったが、ヴァナから離れて暫く経つし、イロハが消えてしまうかもしれないことも既に覚悟はできていたし、今回はクールに見ていられるだろうと思っていた。そこまで派手な(大した)エンディングでもないだろう、とも思っていた。

pol 2018-05-26 13-29-55-453



エンディングテーマが流れだす。音楽とシンクロしてシーンが進んでいくので選択肢にもたついているとなにも答えられないまま次のカットに進んでしまった。この演出はなかなかよい。がリアルコミュ障で普段から発言の機を逃しがちな私は、こんなときまでしまらないなあ、と少し笑ってしまった。

普段ゲームのサントラはクリアするまで聴かない、特にエンディング曲はクリアして初めて聴く感動を大切にしたいので絶対に聴かないほうで、今回も購入後暫くの間は聴くのを我慢していたのだが、いつクリアできるのか、そもそもクリアできるのかもわからなかったので、ずいぶん前に誘惑に負けて既に聴いてしまっていた。そんなわけだし、まあ、泣くことはないだろう。
…そう思っていた。


  思い出すひとり立ちの日
  時が経ち家族となり
  走り疲れて見上げれば
  星の唄と絆のコーラス…


…涙がこぼれていた。
えっ泣くにしてもさすがに早いよねまだ殆ど歌い出しだよ100万円チャレンジ成功しそうレベルだよ!?


私に涙を流させたトリガーは「時が経ち家族となり」という詞だった。やだまじでほぼ歌い出し。

この詞はもしかしたら「FF11を長いこと遊んでいるうちに親元を離れて結婚して新しい家族ができた人もいるでしょう」というようなことを表しているのかもしれない。実際に今日までフレのリアル結婚報告をいっぱい聞いてきたし、私自身のリアルにもびっくりするようなあれこれがいろいろあった。あるいはそんなメタ的なことではなく、テンゼンが未来に結婚しイロハが生まれて、といった物語を歌ったものだったのかもしれない。

けれど少なくともそのとき私の頭に真っ先に浮かんできたのは、初めてヴァナに降りたってからの沢山の出逢いと想い出、ヴァナでの生活の中でまるで家族のように大きな存在になっていたフレやLSメンたちのことだった。

数えきれないほど貰った優しさ、嬉しかったできごと、辛かったときに寄り添ってもらえたこと、酷く迷惑をかけたこと、今でも悔やまずにはいられない取り返しのつかないいくつもの失敗。
それらひとつひとつが順番に詳細に思い出されるのではなく、様々な想い出がごちゃ混ぜになって一度にわあっと押し寄せてきた。
夏の夜、雨に濡れた草の香りを嗅いで不意に青春時代の甘酸っぱい気持ちだけを思い出すのによく似た感覚。もしくは裏ジュノで釣りミスしたときの大リンクに似たとにかくものすごい逃げ場のない押し寄せっぷり。

走る人びっくりした。ロンフォの曲素敵だった。サンドの月綺麗だった。オークの声こわかった。初PT楽しかった。サポとりありがとう。ラテの虹綺麗だった。誤解悲しかった。海蛇スニ回し地獄だった。辻レイズしたくてプリケツ探した。テレポとりありがとう。蜂の子のことごめん。AF可愛かった。欲望にドンビキした。裏LSお腹痛かった。空のオーロラ感動した。神威の曲激アツだった。疑われたのキツかった。悩み聞いてくれてありがとう。回線不調悔しかった。イレースなくてごめん。白マートぬるかった。ヘイスト回さなくてごめん。調理上げ頑張った。臼ジョン延長ごめんありがとう。麒麟部屋移動は二時間前。パラダモ通い楽しかった。念願のノーブルチュニック。マム前メリポ楽しかった。誉められて嬉しかった。呼んでしまってごめん。リフレ覚えたくて12時間PT。ナイズルありがとう。わがまま言ってごめん。海行かせてくれてありがとう。拗ねてばかりでごめん。野良裏クレリクブリオー手が震えた。話してくれてありがとう。二人で過去クエ熱かった。ルーイッドクロッグ嬉しかった。デートの邪魔してごめん。友達じゃないってショックだった。初めての野良メナス辛かった。メナスヨルシア通い楽しかった。26時間ユムカクス笑えた。よくしてくれてありがとう。いやなこと言ってごめん。本当にごめん。今まで本当にありがとう。

いろいろあって、ちょっと疲れてしまって、離れて、少しだけ戻ってきて。
こうして三年越しに星唄をクリアして、そして今聴こえてくる歌と、呼び起こされるプロマシア以降のトラウマ…もといフレとの「絆」の想い出。

…この歌の主人公は、私だ。




よくも悪くも、あれから私も彼らもヴァナも変わってしまった。私と彼らがヴァナで生きていたあの頃には戻れない。
私にとってのヴァナ・ディールは、過ぎ去った青春のひとつになってしまった。

しかしこうしてひとつのゲームで遊んだことが人生の思い出の一部になっているというのは、考えてみればなかなかすごいことだよな、と思う。
他のゲームのことは(同じMMOであるFF14も含め)「面白いゲームだったなあ」と認識する。だがかつての11は、面白いとか面白くないとかそういう次元で語れるものではなかった。そもそもあれをゲームと呼ぶことが正しいのかすらわからなかった。
以前にも語ったことかもしれないが、あの頃私にとってFF11とは「生活」だったのだ。
寝て起きてご飯を食べて身支度して出勤して仕事して帰宅して家事をしてご飯を食べて寝る、それと同じことだった。どんな日もとりあえず起きる(ログインする)のは当たり前のこと。ネトゲは遊びじゃない!という言葉とは少々ニュアンスは違ったが、冗談でもネタでもなく「遊んでいる」という感覚とは違っていた。
私にとってヴァナはリアル以上に現実だった。私が本気で悩み苦しんでいたとき助けてくれたのもヴァナの友人たちだった(心から感謝するとともに、本当に迷惑をかけてしまったと思っている)
あの頃の思い出は今でも宝物だ。


この先あんな素晴らしいゲーム体験はきっと二度とできないと思う。
午前四時、ヴァナとリアルで夜明けの空を見てPTメンバーと笑ったあのときの奇妙な感動と高揚感は、きっとこの先何をしても、二度と味わうことはできないだろう。


最高のゲームの、最高のエンディングだった。




テンゼン夫婦が赤ちゃんを抱くイラストを見てまた泣いて。
Lifieの物語は終わった。


pol 2018-05-26 13-43-40-796







pol 2018-05-26 13-43-57-651





pol 2018-05-26 13-35-32-403


pol 2018-05-26 13-35-36-766


ありがとうイロハ。ありがとうヒロインズ。ありがとう私の片翼リリゼット。ありがとう星唄には出てこなかったけど大好きなクルタダ。オールスター出演にならないかなと期待していたけど登場NPC数が多すぎてそんなん無理すぎることにフェイスを手動で呼び出していたら気づいたよ。フェイスになっているキャラだけにしぼっても全部出したら収拾つかないわ。

ありがとう、ヴァナ・ディール。
ありがとう、私のリリゼット!!
ありがとう、マイスイートハニーリリゼット!!!


pol 2014-10-08 02-12-06-076'


pol 2017-11-24 00-29-39-225


pol 2018-05-26 13-32-37-184





第三部・完






ところで。
星唄コーラスに参加したのでエンドロールに自分の名前が流れる!と思いこんで楽しみにしていたのですが、合唱参加者クレジットはYouTubeの公式動画でしか見られなかったよ…!
クリアしたので見てきました。
私の名前もちゃんとあった! のですが、何度聴いても私の歌声は聞こえませんでした!(笑)
気づけなかっただけとか音量絞られすぎて聴こえなかっただけとか加工されすぎて原形をとどめていないだけかもしれませんが、あまりにも手のほどこしようのない音程ズレのため規定のメロディを歌ったと見なされず(応募要項を満たせず)使われなかった可能性もあるのかもしれないですよよよよよ。
歌唱スキル低すぎたらレジられるなんてむしろヴァナでは常識ですし…!
いやほんと実際酷かったし一箇所ラじゃなくてラァってきこえるところもあったし録り直そうとしたんですけど録り直すたびに声が出なくなっていってしまって諦めて最初のを送ったんですよね(※ただでさえ音痴なのに風邪で喉を潰していた)

たとえ万一歌声が使われていなかったとしても、参加できたことにかわりはなく、別々の場所にいるプレイヤーたちの歌声が水田さんの手によって一つの歌になる、というのは実に感動的でした。名前ものったし!
私の歌声が聴こえなくても私の歌はみんなとともにある。耳をすませばほら聞こえてくるでしょう、私のひそやかなコーラスが…



ボーエー! ボーエー! ボヘエエー! ボーエー!
ボヘエエー! ボヘヘヘー! ボへへィへー!!!
(それがきこえたらもうおしまい)




※キャラの生まれ年を知るには天晶歴コンバータが便利です!
あなたのプレイ開始年月日と時間を入力すると天晶歴に変換してくれるぞ!