バージョンアップおめでとうございました!



 
 
 
次に会うときまでにはポイントを稼いでおくと約束しましたので


■エスカシルト稼ぎを行いました。

人の少ない時間帯を選んで、7番ワープ周辺で、先日教えて貰った「指輪の専心きれるまでやるだけで結構稼げる」を実践し43000くらい稼ぎました。一日15分~程度で身につくポイント! ここ真剣蝉でやったところだ!
ただし神符の交換は魔命魔攻INTなど主要なもののみ。本日交換できる神符をキラーとレア敵以外全部交換したら12000くらいしか残りませんでした。ズルですね水増し報告ですね!
なんか緩和というか高レベル向けのザコが配置されたという話ですけど、深夜早朝でなくても稼げるようになったのかな? 


■ソジヤ「異界の口」(ディアボロス)、トライマライ「満月の泉」(フェンリル・カーバンクル)前のHPを開放しました。

開放してません。ってなると迷惑かけてしまいますからね、また…。
異界の口HP開放道順はこちらを参考にしました。満月の泉へはこちらを参考に上のほうから地図を見ていってサルタ経由ですっごい遠回りしちゃいましたが(あとマップに若干抜けがあるみたいで鵜呑みでたどっていたら遭難しました)、これ石の区から行ったほうが近かったですね? 石の区から行けること自体すっかり忘れていて、下まで進んで「石の区から」のマップを見て思い出しました。遅し!




風水宅配ageのためにインして、ちょうど聞こえてきたディアボロス募集エールについ魔が差して応募してしまいました。

 
pol 2015-07-04 21-03-04-083


イス流行りすぎィ!
よじぃさんがついったーでポロリしてからどのくらい立ちましたっけ。ついに実装されたんですね。ねんがんのイス!
みなさんのは背もたれついてていいですね。タルタルはなんかイスに座ってる感そのものが全然ないんですけど背もたれあったら座ってる感出そうですよね背もたれホシイ!
ベッドにも寝たいのですけど実装されるとしたらやっぱベッドごと出す感じになるんですかね…どーこーでーもーべっどーー。


構成はナ/戦、シ/剣、学/黒、風/白、吟/白、白/赤(私)でした。

段差上で強化、段差を降りて全員が引き寄せられたらナイトさんが四隅のどこかへディアボロスをひっぱり(引き寄せがあるからひっぱれないのでは?との懸念もありましたが「じりじりやると結構ひっぱれる」らしいです)後衛はその対角へ。
風水魔法はインデアトゥーンジオヴェックス。
風水さんと白でサイレスを、とのことでしたが私は結局出遅れてアドルしか入れられませんでした。風水さんのサイレスは二回目で入っていたようです。ディストラも効果なし。あれよくみたらサポ赤は私だけですね? 誰の何が入っていたのでしょうか。
アドルはレジなし。パライズは全てレジ。風水さんのパライズもレジられていたようです(ハックでてたけど)。
ナイトメアは学者さんがスタンで多分完封していたと思います。

床が落ちない&スタンが有効なディアボロスなんて何も怖くないですね!
優秀なスタナーさんが居てくれるからなのでしょうけれども!
旧ディアボロス…何回全滅したっけなあ…(遠い目)


pol 2015-07-04 21-19-55-805



戦利品は私以外全員胴希望。胴来い胴!


pol 2015-07-04 21-21-00-916'
 

トレハン良い感じに上がってたのに全く読まれない空気。ぐぬぬ。ちなみに私の希望品も出ませんでしたよ!




それからウルフマールさん改めウルマフールさんと戯れました。

学/赤 黒/赤 黒/赤 風/赤 吟/白 シ/白
ナ/戦 吟/白 白/赤


pol 2015-07-04 23-34-25-437


本日もまた大失敗。
アディバイトを求められたとき「マクロがないんですよね!」と言ってしまいました。
こういうときはきちんと「マクロを作りますので少し時間をください」と言うべきなのです。
ついこの前も同じような失敗をしたのに全く学習してない私なのでした。
ないんですよね!と言いながら慌ててマクロを用意してアディバイトしたら「バイトしてくれたのね!」と言われました。その後お時給ではなく歩合給でもなく素材ヤマワケ給いただきました。わーい。



そんなわけでまた暫く水面下でポイント集めに励みます。







金曜LSが活動を休止してしまいました。
という話は聞いてはいたのですが、実際にパールをつけてみてメッセージを見たら、ホントに帰る場所なくなっちゃったんだ感が溢れてきて悲しくなりました。


奇しくも某別世界の新シナリオが、国に居場所を失ってしまった「私」が新天地に旅立つお話になってまして…さらに新しい世界でもじわじわと大切なものを失い孤独になっていくというどうにも救いのないお話なんですけれども(笑)

フィクションの中でくらい、失った大切なものを取り戻し、ハッピーエンドのカタルシスを味わいたいと思うものです。